レイク 在籍確認

自営業の人がレイクに申し込む場合

レイクは自営業でも利用可能

レイクは毎月安定した収入を得ている人であれば融資を申し込むことができるカードローン商品ですが、もちろん自営業で収入を得ている人であっても申し込むことができます。但し、

 

 

自営業で収入を得ている人の場合は・・・


レイクの定める条件である、安定した収入として認められるかどうかが微妙なところがあります。そのため、自営業の人はレイクから融資を受けることが難しいのではないかと思う人も多く、当然ながら申し込んだものの審査に通らなかったというケースも少なくありません。

 

利便性の高いカードローンであるレイクで自営業の人が融資をうけるためには、どうした部分に注意しなければならないのでしょうか。

自営業の審査基準

自営業の人がレイクを利用するための審査基準として重要となるのは、収入の安定性です。

 

会社勤めをしているサラリーマンであれば、毎月の給与収入はある程度の金額は保証されているため、レイクでも勤務先への在籍確認で融資を受けることができますが、自営業の場合は勤務先と呼ばれるものがないため、審査基準も少し異なります。

 

そんな自営業の人が収入を証明するための書類となるのが

  • 源泉徴収票
  • 納税通知書

などの税金関係の書類です。レイクでは100万円までの融資であれば収入証明書を用意することなく融資を申し込むことができますが、自営業で収入を得ている人であれば少ない金額の融資であっても税金関係の書類を用意しておくことで収入の安定性を証明するとよいです。

 

レイクにとっては、融資を行った金額が無事に返済されるかどうかを判断するためのポイントとなりますので、こうした書類があればそのための判断材料となるのではないでしょうか。

自営業の人の利用目的

レイクでは原則として融資を受けたお金に対する利用目的は自由となっています。これは自営業で収入を得ている人であっても同じことですが、自営業の人の場合の注意点として、自身の事業に必要な運転資金としてレイクから借りたお金を使うことはできません。

 

そのため、あくまでも自営業の人がレイクから融資を受けることができた場合でも、その利用目的については

 

 

個人的な理由での範囲でのみ認められるということになります。


自身の経営する事業のために使うということであれば、個人的な理由と思われるかもしれませんが、この点はレイクの利用目的として定められているものですので利用目的は十分注意したいところです。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<