レイク 在籍確認

レイクの年末年始の申込・融資はどうなっていますか?

- 2017年12月 2018年1月
29(金) 30(土) 31(日) 1(月) 2(火) 3(水) 4(木) 5(金)
新規申込 パソコン
スマートフォン
携帯電話
通常営業 通常営業 申込受付のみ 申込受付のみ 申込受付のみ 申込受付のみ 通常営業 通常営業
自動契約機 通常営業 通常営業 申込受付のみ 申込受付のみ 18:00まで営業 18:00まで営業 通常営業 通常営業
電話申込 通常営業 通常営業 申込受付のみ 申込受付のみ 通常営業 通常営業 通常営業 通常営業
会員サービス パソコン
スマートフォン
携帯電話
通常通り 通常通り 通常通り 通常通り 通常通り 通常通り 通常通り 通常通り
自動契約機 通常通り 通常通り 休業 休業 18:00まで営業 18:00まで営業 通常通り 通常通り
レイクATM 通常通り 通常通り 通常通り 通常通り 通常通り 通常通り 通常通り 通常通り
電話オペレーター 通常通り 休業 休業 休業 休業 休業 通常通り 通常通り
電話自動音声 通常通り 通常通り 通常通り 通常通り 通常通り 通常通り 通常通り 通常通り

レイクの年末年始の営業状況は以上のようになっています。サービスの営業状況等々ややこしく書いていますが、年末年始の申込から融資が可能かどうかで重要なのは、

 

 

  • 審査はいつまで行われているのか?
  • 振込融資はいつまで可能なのか?
  • 自動契約機はいつまでカード発行出来るのか?

この点ニ於いてレイクの年末年始の営業状況を上の表から読み取ると、レイクの場合は他社と少し違う営業状況です。審査に関しては12月31日(日)と1月1日(月)が完全に休業、ネット申込の場合の審査は1月2日(火)と1月3日(水)も休業日になります。

 

大抵のカードローン業者は1月1日(月)のみの休業日ですが、レイクの場合は長めに休業するようです。ネットからの申込は更に長く、1月2日(火)と1月3日(水)にレイクで契約したければ、自動契約機まで行くか面倒な作業ですが電話で申込む事になります。

 

 

レイクの年末年始の振込融資はいつまで、いつから可能なのかということですが、これに関しては大前提として金融機関の営業状況が大きく反映されます。

 

 

2017年から2018年の年末年始の金融機関の休業日は12月30日(土)から翌年1月3日(水)ですので、この期間は完全に振込融資が出来ません。


レイクの平日の振込可能時間から考えて、12月29日(金)の14:50以降の振込手続きは1月4日(木)の9:00以降の振込予定となります。

 

レイクの年末年始の自動契約機のカード発行可能予定は、12月31日(日)と1月1日(月)以外は審査も可能でカード発行も可能です。ただし、1月2日(火)と1月3日(水)は18:00までの営業になっています。

 

 

自動契約機は最終的に申込から最短即日融資までの過程を一番遅くまで可能にするツールですが、レイクの場合は年末年始に於いて他社よりも休業日を多く取っている為不利になります。

レイクの年末年始の申込から即日融資までの過程で一番重要なのは実は在籍確認

レイクに年末年始の申込から融資が可能かどうかで重要なのは、

 

 

  • 審査はいつまで行われているのか?
  • 振込融資はいつまで可能なのか?
  • 自動契約機はいつまでカード発行出来るのか?

と書きましたが、

 

 

実は最重要なのは在籍確認が取れるかどうかなのです。


いくら年末年始に審査をしていたりカード発行が出来たとしても、

 

 

審査の最終段階の在籍確認が取れなければ契約、ましてや融資は不可能だからです。


年末年始はサービス業に従事する社員やアルバイト・パートの方以外は、大抵勤務先は正月休みに入っています。サービス業などで営業していても、書き入れ時なのでそんな時に私用の電話がカードローン会社から掛かってくれば迷惑極まりないと言う話です。

 

 

レイクで年末年始の申込から融資までが難しいとなるとどうすればいいの?


 

年末年始の在籍確認も、プロミスなら会社への電話確認を別の方法で確認する相談が出来るので大丈夫です。


プロミスはレイクと違い、ネット申込も自動契約機の申込も審査を休業しているのは1月1日(月)だけです。ですのでそれ以外の日に普通にネット申込をすれば、プロミスから申し込み内容の確認の電話が掛かってきますのでその時に、

 

 

年末年始で会社休みなんですけど・・・


と相談すれば、プロミスのオペレーターが別の確認方法の手続きを案内してくれます。年末年始の振込融資の可能期間はレイクと同じですが、プロミスの場合は瞬フリというサービスがあるので、

 

 

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

このどちらかの口座への振込融資なら、契約後にプロミス会員サイトで口座登録すれば24時間365日最短10秒で振込融資が可能です。ただし、

  • 三井住友銀行・・・12月31日(日)20:50から1月2日(火)7:00まで
  • ジャパンネット銀行・・・12月31日(日)23:50から1月2日(火)7:00まで

はサービスが停止してしまいますが、1月1日は審査もしていないので年末年始の申込から即日融資には影響はありません。


振込融資がだめな場合でも、レイクとは違いプロミスの自動契約機は1月1日(月)のみの休業日ですし、レイクよりもはるかに多い自動契約機を全国に設置しています。

レイクとプロミスの自動契約機設置店舗数
レイク 約763店舗
プロミス 約1,700店舗

それ以前に年末年始の会社の休みの日でも在籍確認が取れるという決定的な差がありますから、年末年始の申込から融資までのサービスはレイクよりプロミスが有利と言えます。

年末年始に申込から融資まで完結したい場合はプロミス

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<