レイク 在籍確認

レイクの審査に落ちてしまった場合はどうすればいい?

レイクの審査に落ちてしまった場合

レイクで審査を受けたものの、それに通らなかった場合にやるべきことは様々なものがあります。まずは、

 

 

なぜ審査に通らなかったのか?というその要因を調べることです。


もちろんなぜ審査に通らなかったのかという理由をレイクに尋ねてもその理由についてはレイクからは教えてもらうことはできません。そのため自身の状況を見直してみてどこに不備があったのか、ということを確認することから始める必要があります。

 

審査に通らなかった要因というものには様々なものがありますので、どれがレイクの審査に引っかかったのかということについては正確なところは不明かもしれません。それでも今後の対策をたてるうえで自身の状況を見直してみることは大切なことといえるでしょう。

レイクの審査に通らなかった時にやってはいけないこと

レイクの審査を受けるということは、もちろん何らかの目的でお金が必要だった場合です。そのため、レイクの審査に通らなかった場合には必要なお金を調達することができなかったということになりますので、別のカードローンで融資を申し込むといったことを考えた方が早いかもしれません。ただし、レイクの審査で融資不可という判断が行われているため、

 

 

その情報は個人信用情報機関を通して別のカードローン業者にも共有されています。


この状態ではレイク以外の業者でもお金を借りることは難しい可能性が高くなりますので、レイクの審査に通らなかったからといってすぐに別の業者に申し込むといったことは、余程の審査能力の高い業者以外は避けたほうが良いでしょう。

 

この審査能力の高さを知るには、目安となるのはカードローンの保証業務をしている業者ということになります。ですので銀行カードローンはこれに当てはまりません。多数の保証業務をこなしているのは、

 

 

  • SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
  • アコム

この老舗の大手消費者金融です。銀行カードローンの与信に適わなかったというのであれば試して見る価値はあります。

多数の保証業務をこなし審査能力の高い大手消費者金融
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

レイクの審査で通らなかった要因を調べるには?

レイクの審査では様々な部分に対しての確認が行われます。特に問題となりやすいのは、過去の借入や転職回数などであり、

 

 

特にレイク以外の借入についてはカードローンであってもなくても返済履歴などは調べておきたいところです。


もしも過去のカードローンの利用において滞納などがあった場合にはその点については大きな問題となりますので、レイクの審査に通らなかったとすればそれが理由である可能性が大いに考えられます。

 

また、滞納などがなかったとしても、クレジットカードの利用履歴などもレイクの審査では大きく影響します。クレジットカードの支払い実績に問題があった場合もレイクの審査に通らない要因としては十分ですので、過去にこうした経歴がなかったかどうかを確認することは、審査に通らない要因を調べるうえで重要なことなのです。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<