レイク 在籍確認

家族の中に金融事故を起こした人がいても申し込める?

レイクの審査の範囲

レイクに申し込む場合の条件となっているのは、

  • 毎月安定した収入を得ていること
  • 20歳以上であること

です。もちろんただそれだけではレイクで融資を受けることができるわけではなく、そのうえで問題なく返済できるかどうかを判断するための審査が行われます。審査に通って初めてレイクでお金を借りることができるのですが、この時の

 

 

審査で確認されるのはあくまでも本人の情報のみとなります。


レイクの審査では、本人以外の家族構成についても申し込む時に登録する必要がありますが、これは家族を審査で調べるという意味ではなく、返済能力を確認するための判断材料として利用されます。

家族の中に金融事故を起こした人がいた場合

家族の中に、過去に債務整理などの金融事故を起こした人がいた場合、レイクの審査ではどのような影響があるのでしょうか。この点については結論からいくと、レイクの審査では基本的には本人以外の情報は参照できないためそれほど影響がない可能性が高いといえます。

 

 

個人信用情報機関には過去にクレジットカードやカードローンを利用した際の利用状況


が登録されており、これは家族であっても同じです。ただし、個人信用情報機関で参照することができるのはその本人の同意があった場合のみですので、家族の中で金融事故を起こした人がいたとしてもその情報をレイクが個人信用情報機関から得ることはできません。

 

もちろん申し込んできた人が過去に債務整理などの金融事故を起こした経歴をもっていればレイクの審査では論外ですが、家族の中にこうした人がいたとしてもそれほど大きな影響はないといえるでしょう。

家族の金融事故の経歴がレイクに知られる可能性

過去に家族の誰かが金融事故を起こしていた場合、個人信用情報機関からその情報をレイクが調べることはできません。しかし、過去に家族の誰かがレイクを利用したことがあり、その時に金融事故を起こしていたとすれば

 

 

申し込んだ際に登録した家族の情報からレイクに伝わる可能性はあります。


家族の情報は名前や生年月日、続柄や住所などを登録しますので、これらの情報をレイクの顧客情報と照合すれば同一人物かどうかを判別することができるためです。レイクとしても、本人の返済能力はともかく

 

 

過去に金融事故を起こした人が家族の中にいるのは決して良い状態とはいえません


ので、その情報がレイクの審査に影響する可能性はあります。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<