レイク 在籍確認

学生がレイクに申し込むための条件

レイクでは、学生であっても融資を申し込むことができるようになっています。ただし、学生がレイクを利用してお金を借りるためには毎月安定した収入を得ていること、そして20歳以上であるということが条件となります。この条件は何も学生に限ったことではなく

 

 

レイクで融資を申し込むうえでの条件となっていますが・・・


特に学生の場合はこの条件が重要な意味をもっています。学生の中には安定した収入を得てはいても、未成年者であるという人も多く、こうした人についてはレイクに申し込むことはできません。また、もうひとつの条件である

 

 

毎月安定した収入を得ているということについても大きな意味があります。


この春から新社会人であるという場合

レイクでお金を借りたいという学生の中には、新卒で入社する内定先が決まっておりこの春から新社会人であるという人もいるかもしれません。ではこうした人の場合、レイクで融資を申し込むことができるのかということですが、

 

 

レイクに申し込める条件を満たしていれば可能です。


つまり、レイクに申し込んだ段階で20歳以上であり、毎月安定した収入があればレイクに融資を申し込むことができるということです。ただし、仮に4月から新社会人として正社員として働く予定だったとしても、

 

 

レイクに申し込んだ段階で収入がなければレイクに申し込むことはできません。


あくまでもレイクが審査で確認する対象となるのは今後の予定ではなく現段階での収入の状態であり、来月から大企業で勤務する予定があっても審査では評価されないといえるでしょう。

来月から新卒入社の場合について

 

現在20歳以上であり、アルバイトで安定した収入があるという学生の場合は・・・


レイクでも融資を申し込むことができます。その場合、レイクの審査で決定される融資可能な限度額については、申し込んだ段階での自身の収入がひとつの判断基準となります。来月から正社員になり収入の金額もアルバイト当時と比べて増える可能性があるとしても、

 

 

レイクは将来の予定に対して審査を行うわけではありません。


来月から新卒で入社するといった情報の判断が難しい事、判断ができたとしても現状では入社していない以上は内定取り消しの可能性もある事を考慮します。その為、あくまでも現段階での自身の状況によってレイクに申し込むことができるかどうかを考えた方がベターです。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<