レイク 在籍確認

レイクの審査と家族構成

レイクの審査と家族構成

レイクが審査を行う目的は、申し込んできた人の返済能力を判断することにあります。返済能力とは、レイクから借りたお金を問題なく返済できるかどうかということですが、その返済能力を確認するうえでの判断材料となるのが家族構成です。もちろんレイクの審査では、

 

 

家族の構成だけですべてを判断するということはありません。


過去にカードローンを利用したことがあるかどうか、毎月安定した収入を得ているかどうか、これが重要な審査項目であり基準であることに変わりはないのですが、そのうえで家族構成もレイクの審査では確認される項目となっています。

審査で評価される家族構成について

レイクが審査で判断する家族構成は、あくまでも返済能力を判断するための材料として考えられるものです。たとえば、結婚しているかどうかということでもレイクの審査では重要な意味をもっており、

 

 

独身者のほうが生活費を抑えることができるという点


で審査での評価が高くなります。ただし、ある程度の年齢を過ぎても独身であるという場合にはレイクとしても審査での判断が分かれるかもしれません。このあたりは結婚しているということが社会的な信用につながるということと関係しているといえます。

 

では結婚している人の場合はレイクの審査ではどのように判断されるのかといえば、

 

 

共働きかそうでないかによってレイクの審査でも評価が異なります。


もしも共働きであった場合には、一方が病気などをした場合でも収入がなくなってしまうリスクも少なくなりますのでレイクとしても評価がしやすくなりますが、そうではない場合には少し難しくなるといえるでしょう。

家族と同居しているかどうか?

家族構成とともにレイクの審査で重視されるのが、家族と同居しているかどうかという点です。親と同居している人の場合は、毎月の公共料金の支払は家族が負担してくれている場合が多いため、レイクへの返済もしやすい状況にあると考えることができます。

 

逆にレイクに申し込んできた人が世帯主だった場合であり、子供と同居しているという場合にはやはりレイクの審査では評価が異なります。子供がいる場合には学費や養育費など金銭的な負担が多くなることから、

 

 

レイクへの返済に必要なお金が不足する可能性が考えられる


ことから、審査でも慎重な判断をされることが多くなります。ただし、家族構成というものはレイクの審査基準では絶対的な基準というわけではなく、収入や既存の借入状況などの評価が問題なければ審査に通る可能性は十分あります。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<