レイク 在籍確認

過去に滞納した人はいつになったら申し込める?

レイクの審査に通らない人の特徴

レイクに融資を申し込んだものの、審査に通らないという結果になってしまうという人がいます。審査というものは、その人の返済能力を判断するために行われるものですので、審査に通らないということはそこには何らかの理由があるものです。

 

その理由には様々なものがありますが、審査に通らない要因となることが多いのが

 

 

過去の信用情報に問題があったという場合です。


レイクでは、個人信用情報機関に登録されている信用情報を参照して融資可能かどうかを審査で判断します。この信用情報には過去のカードローンやクレジットカードの利用状況が登録されており、返済が滞納した場合などもその情報を確認することができます。

 

そのため、過去にカードローンの返済を滞納した履歴が残っている場合はレイクの審査に通らない要因となることがあります。

過去に滞納していた人はいつになったら申し込める?

レイクに融資を申し込む以前にどこか別のところから借入を受けていて、その分に対して返済を滞納した経歴がある場合、審査ではやはり評価が低くなります。そのため、レイクの審査に通る可能性を高めるためには、できれば

 

 

個人信用情報機関の情報が更新されるまで待った方が賢明です。


個人信用情報機関に情報が登録される期間というものは、その情報の内容などによって異なりますが、返済が滞納したという履歴であれば最長で5年とされています。

 

これは滞納したと判断されてから5年ですので、少なくともその期間はレイクの審査では過去に滞納した記録が確認されることになります。つまり、滞納した履歴がある人はこの間はレイクの審査に申し込んでも審査に通らない可能性があると考えることができます。

滞納していてもレイクに申し込める?

過去にレイク以外の業者から借入を受けており、その分に対して返済の滞納があった場合でも、レイクの審査での評価が分かれることがあります。たとえば、滞納しつつも既にその分の借金は完済しているという場合は、

  • 滞納したという履歴
  • 完済したという実績

とが個人信用情報機関に登録されることになります。レイクにとっては、滞納した履歴も問題ですが完済したという実績は審査でも評価の対象となりますので、融資を申し込んだ金額などその他の情報によっては審査に通る可能性があります。

 

このように、過去に滞納したことがあったからといって必ずしもレイクの審査に通らない、というわけではないのです。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<