レイク 在籍確認

レイクの審査に通るためのポイント

レイクの審査で確認されること

レイクでお金を借りたいと考える人のほとんどは、審査に通るかどうか不安に感じているのではないでしょうか。そんなレイクの審査に通る可能性を高めるためには、まずはレイクの審査内容を確認し、理解することが欠かせないポイントとなります。

 

レイクの審査では住所や氏名といった個人情報をはじめ、

  • 勤務先や職業
  • 年収や勤続期間

などについて確認が行われます。これらのレイクの審査内容におけるポイントは、それぞれの項目に対して信用度を高めることにあります。たとえば個人情報については携帯電話だけでなく固定電話があるとレイクの審査でも信用度が高くなります。

 

こうしたそれぞれの審査についての信用度を高めていくことがレイクの審査に通るポイントといえます。

本人確認書類の準備

レイクの審査では、本人確認書類として身分証明書が必須となります。ほとんどの人がこの本人確認書類として運転免許証を利用するのではないでしょうか。この場合、

 

 

注意したいのが運転免許証の有効期限と現住所の記載です。


当然ながら有効期限の切れた運転免許証は身分証明書には該当しませんので、必ず有効期限内の書類を用意するようにしてください。また、本人確認書類の住所と現住所が異なっている場合も同様に審査で信用度が下がるポイントとなります。この場合には

 

 

公共料金の領収証を添付書類とするケースがあります


が、レイクの審査では領収証は原本である必要がありますので、もしも領収証を提出する場合は忘れずに保管しておきましょう。レイクの審査で必ず用意しなければならない書類だからこそ、細心の注意を払うことが大切です。

収入証明書が必要な場合

レイクの審査では100万円を超える金額で融資を受ける場合は収入証明書を用意する必要があります。収入証明書は

  • 会社員であれば源泉徴収票
  • 自営業であれば最新の確定申告書

が望ましいでしょう。これらの書類はいずれも公的な書類であることから、レイクの審査でも収入証明書として信用できる情報ということになり、評価が高くなります。もちろん給与明細でもレイクの審査では

 

 

収入証明書として認められる書類となりますが・・・


複数の月にわたって用意しなければならないことを考えると、源泉徴収票などのほうが手軽かもしれません。基本的には高額の融資を受ける場合でもなければ用意する必要がない収入証明書ではありますが、それだけに決しておろそかにはできません。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<