レイク 在籍確認

レイクに申し込んだもののキャンセルしたい場合

レイクの申し込みをキャンセルしたい場合

レイクに申し込んだものの、キャンセルしたいという場合には、その手続きについてどの程度進んでいるかということが重要となってきます。たとえば、レイクに申し込んだ直後に思い直して

 

 

やっぱりキャンセルしたい・・・


という場合であればそのことをレイクに連絡して伝えれば問題ないでしょう。この場合は、まだレイクとしても審査手続きに入る前ということで申し込んできた人に対するコストも発生していない状態です。そのため、

 

 

キャンセルしたい意思を伝えるだけで・・・


レイク側にもすぐに受け付けてもらうことができます。このように、レイクに申し込んだもののキャンセルをしたいという場合というのは、そのタイミングについても重要な要素となってきます。

レイクにキャンセルを伝えるタイミング

先ほど説明したように、レイクにキャンセルを伝えるタイミングとして申し込んだ直後などの場合はそれほど大きな問題はありません。しかし、ある程度審査も進んだ状態の場合は少し難しくなります。

 

 

電話連絡だけでレイクからの融資をキャンセルできるのは仮審査が完了した段階まで


と考えておいた方が良いでしょう。ただし、レイクの審査状況が現在どこまで進んでいるか、ということについてはインターネットから申し込んだ場合などは確認することができません。レイクは審査スピードが早いという特徴をもっていますので、

 

 

キャンセルしたいと思った時にはすでにすべての手続きが完了している・・・


という可能性もあります。審査がすべて完了し、融資が可能な状態ともなればキャンセルすることはかなり難しくなりますので、キャンセルしたいと思った時にはできるだけ早く申し出るようにしましょう。

レイクの申し込みをキャンセルするデメリット

レイクに申し込んだもののキャンセルする場合にはデメリットというほどのことはありません。キャンセルしたからといってその後レイクに申し込むことができなくなるということもありませんので、レイクからお金を借りる必要がなくなったのであれば

 

 

キャンセルすることそのものは可能です。


ただし、レイクに申し込んだ段階で個人信用情報機関にその内容が登録されますので、その後別のカードローンに申し込んだ際にもその情報が確認されます。また、申し込み直後のキャンセルや解約はその後のカードローンの審査で影響が出る可能性もあります。

 

その意味では、レイクへの申し込みについても慎重な判断をすることが大切です。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<