レイク 在籍確認

レイクの審査で最も大切なことは?

レイクの審査で決まること

レイクでは、融資を行うにあたってまず審査を行い基準に適合した人を融資対象としています。審査基準にはレイク内部にて細かい規定があるものの、基本的には融資を行った相手が問題なく返済をしてもらえるかどうか、という点が大きな判断基準となります。

 

レイクの審査で決まることは、融資を行うかどうかというだけでなく、いくらまで融資を行うことができるか、ということも含まれています。融資が行われる金額については申し込んできた人の

  • 年収の金額
  • レイク以外のところから借入を受けている融資残高

など総合的に判断して決定されてます。こうした総合的な判断がレイクの審査で行われるのです。

事実と異なる情報で申し込まない

レイクに融資を申し込むということは、お金が必要であるということです。そのうえで審査に通るために最も重要なポイントとなるのは嘘をつかないということです。

 

 

  • 収入の金額が実際よりも多く申請する
  • 既にどこかから借入を受けているのに借入残高は0円で申し込む

こうした事実と異なる情報でレイクに申し込むことは割けるべきでしょう。確かに収入は少ないよりも多い方が良いですし、既存の借入残高についてもできれば無いほうがレイクの審査では評価が高くなります。ただし、それはこうした情報が事実であるということが前提ですので、

 

 

ありのままの事実を記入して申込まなければなりません。


もしも事実と異なる情報であることがレイクの審査で確認できた場合にはそれだけでも審査には通らなくなります。

 

レイクでお金を借りるということはレイクが申し込んできた人を信用したうえで融資を行っていることなので事実と異なる情報で申し込む人については信用ができない、というわけです。

レイクの審査における裏付け

年収や既存の借入の金額については、レイクはどのような方法で確認しているのでしょうか。まず年収についてですが、レイクでは

 

 

100万円を超える融資を申し込んだ場合に収入証明書の提出が必要です。


100万円以内であっても必要に応じて収入証明書の提出を求められることがあり、この書類を確認することで年収の金額もすぐに調べることができます。借入残高についてはレイクは個人信用情報機関に情報を問い合わせることで確認します。

 

 

個人信用情報機関にはカードローンやクレジットカードの利用履歴が登録されています


ので、ここの情報を確認することで借入残高の金額が正確かどうかも調べることができます。仮に事実と異なる情報で申し込んだとしてもこれらの方法で確認が行われますので、必ず事実に即した内容で申し込むようにしましょう。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<