レイク 在籍確認

レイクの審査とクレジットカードの利用履歴

クレジットカードの利用履歴について

レイクの審査では、個人信用情報機関に申し込んできた人の信用情報を問い合わせて返済能力を判断しています。そんな個人信用情報機関では、クレジットカードの利用履歴も含まれており、

  • 毎月の利用金額
  • 支払いの記録

といったものが登録されています。クレジットカードの利用履歴については、クレジットヒストリーと呼ばれており、これもレイクの審査において返済能力を判断するうえで重要な情報となるものです。こうしたクレジットカードの

 

 

利用履歴の情報を保持している個人信用情報機関はCIC


と呼ばれるところであり、レイクはこのCICから情報を共有しています。そのため、レイクの審査でも申し込んできた人がクレジットカードをどのように利用してきたか、ということがわかるようになっています。

クレジットヒストリーの審査基準

レイクがクレジットカードの利用履歴をどのように審査で判断しているかといえば、ひとつはカードの支払いで延滞などがないか、という点です。レイクからお金を借りた後というのは、毎月きまった日に返済を進めていくことになります。

 

過去にクレジットカードの支払いで延滞などがあった場合にはレイクへの返済も遅れる可能性が高いと判断されてしまう可能性があります。クレジットカードの場合は、レイクへの返済と異なり利用した金額に応じて支払うことになりますので、

 

 

月によっては支払う金額も多い時もあれば少ない時もあります


が、レイクにとっても毎月の返済イメージを考えるうえで重要な要素となるためです。

クレジットカードの重要性

レイクの審査において、クレジットカードの利用履歴は利用開始後の返済イメージをシミュレーションする以外にも、過去に金融事故を起こしたことがあるかどうかの判断基準ともなります。

 

ある一定の年齢以上の人がクレジットカードも持たずカードローンの利用もしないというケースがあった場合、過去に何らかの金融事故があってこれらの利用ができなかった可能性があるためです。カードローンを利用したことがなくても

 

 

クレジットカードを持っていて実際に利用したことがあるという人については、こうした金融事故の可能性が低い


ため、審査でも一定の評価をすることができます。このように、クレジットカードの利用履歴というものはレイクの審査においても非常に重要な審査項目となっており、実際のクレジットカードの使い方・支払実績によっては審査で評価が高くなることもあります。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<