レイク 在籍確認

過去にレイクを利用していた場合について

過去にレイクを利用していた場合

レイクでは、融資を申し込むにあたって個人情報をはじめとして様々な情報の提出が必要となります。そして、これらの情報というものはレイク内部で管理され、必要に応じて確認が行われます。たとえば現在レイクで借入を受けている人が

 

 

追加で融資を申し込んだ場合というのは・・・


既に個人情報の提出があるため、住所や氏名などを改めて提出する必要はありません。では、既にレイクから借入を受けている分に対して返済が完了している場合はどうなるのでしょうか。ここではそんなレイクとの関係について考えてみましょう。

レイクを解約しているかどうか

過去にレイクからお金を借りていて、その分の返済が終わっている場合のポイントとなるのは、

 

 

レイクを解約しているかどうかということが関係してきます。


レイクは返済が完了してもその後解約の申し入れをしない限りはレイクとの契約は継続します。つまり、返済が完了していても解約していなければレイクとしては追加融資と同じようなイメージとなりますので改めて個人情報を用意しなくても良い場合が殆どです。しかし、

 

 

完済して解約をしている場合は・・・


レイクにとっては顧客という扱いではなくなっていますので、再契約という形になります。

 

 

再契約ですので基本的には全く新規の契約という形


となることから身分証明書をはじめとする各種手続きが必要です。完済後の期間にもよりますが、レイクにも当時のデータが残っている可能性もあるものの、解約している場合はもう一度契約しなおしとなる点に注意が必要です。

レイクの無利息期間はどうなる?

レイクでは、借入金額のうち5万円分が180日間無利息になる場合と借入金額が全額30日間無利息になる場合の

 

 

2つの無利息期間が用意されています。


いずれの場合もレイクで借入を受けた金額のうち一部または全額が無利息となるサービスですので、レイクからお金を借りた場合にはぜひ利用したいものといえます。ただし、いずれの無利息期間については利用するための条件として

 

 

レイクと初めて契約した場合に限る


というものが設定されています。つまり、レイクから追加融資を受ける場合はもちろんのこと、レイクと再契約する場合でもこの無利息期間サービスを利用する事はできなくなります。一度解約している場合でもレイクに再び申し込む事はできますが、その際の利用条件には

 

 

初回申込の時とは多少異なっているということです。


 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<