レイク 在籍確認

レイクの審査と職業・雇用形態との関係

雇用形態がレイクの審査に与える影響

レイクの審査では、収入の安定性が評価に直結しますので、安定した収入のある

  • 公務員
  • 正社員

という雇用形態の人はレイクでも審査に通る可能性が高くなります。これらの雇用形態の人は、収入が安定しているということに加えて、収入の金額そのものも高い傾向にあるためです。勿論、職業の種類というものもレイクの審査では判断基準となりますが、

 

 

実際の審査においては職種よりも雇用形態のほうが重要


とされています。従って、収入の安定性と金額とが優れている公務員や正社員のほうがレイクの審査では有利となるということです。この点はレイクに限らず、カードローンの審査全般的にいえることとなっています。

正社員や公務員でなければレイクの審査には通らないのか?

レイクの審査では確かに収入の安定性に優れた公務員や正社員は審査でも有利ではありますが、もちろん他の雇用形態であっても審査では問題はありません。さすがに住宅ローンなどのように高額の融資を受ける場合は

  • 職種
  • 雇用形態

についての確認は厳格に行われますが、カードローンの場合はそこまで高額の融資ではないことから、安定した収入があれば特に問題はありません。そのため、

  • 派遣社員や契約社員
  • パートやアルバイト

という雇用形態であっても安定した収入があるとレイクに認めてもらうことができれば融資を受けられる可能性はあります。逆にレイクの審査で不利になりやすいのが自営業者などのいわゆる個人事業主であり、こうした職業の人はどうしても

 

 

収入が不安定になりがちなので・・・


レイクの審査でも評価が分かれるところです。もちろん 自営業者だからレイクの審査に通らないというわけではありませんが、収入の安定性だけで判断する場合はこうした側面もあるということを考えておきましょう。

職業とレイクの審査の関係

レイクの審査では職業よりも雇用形態、収入の安定性が重視されますが、職業については決して軽視されているというわけでもありません。職業は返済能力だけでなく融資を受けることができる金額にも大きく関係しますので、ここでも正社員として勤務している人が

 

 

レイクの審査では有利


ということになります。また、職業によっては離職率の高いもの、収入の金額が多いものなど様々なものがあります。レイクの審査では、こうした様々な情報をもとに審査を行い、申し込んできた人の返済能力を判断しているのです。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<