レイク 在籍確認

新卒の社員ですがレイクに申し込めますか?

カードローンの中でも人気のレイク

新生銀行のカードローンであるレイクは、安定した収入を得ている人であれば誰でも手軽に利用することができるという点で各方面から高い人気を集めています。レイクを利用する場合、基本的には利用目的が自由であることに加えて、銀行カードローンであることから

 

 

消費者金融にはない安心感や低金利での利用


など、様々なメリットが用意されています。こうしたメリットがあるからこそ、レイクは多くの人が利用するカードローンとなっているのですが、当然ながらどんな人であってもレイクからお金を借りることができるようになっているわけではありません。

 

中にはレイクに申込んでお金を借りる事ができるかどうか微妙な層というのもあり、そのひとつが新卒で就職する所謂、新社会人です。

新卒社員でもレイクに申し込める?

新卒社員であってもなくても、レイクに融資を申し込んで実際にお金を借りるためには、審査に通る必要があります。レイクの審査では、運転免許証などの本人確認書類をはじめ、勤務先への在籍確認など様々な項目に対して確認が行われます。ここでのポイントとなるのは、

 

 

レイクが新卒で働いている人を審査でどのように評価するか


という点です。新卒であっても既にどこかの勤務先に所属し、毎月給与収入があるという状態であれば、レイクでも審査に通る可能性はありますが、まだ入社して一ヶ月目、という場合であれば審査の評価はかなり微妙です。

 

なお、大学卒業前のいわゆる内定をもらったという状態は、正確には勤務がスタートしていませんので、その状態でレイクからお金を借りることはできません。

新卒の社員がレイクから借りることができる金額

新入社員という状態は、よほどのことがない限り初任給というものはいきなり高額になるということはありません。そのため、それに伴ってレイクから借りることができる金額についても決して多くはないと考えておいた方が良いでしょう。

 

実際にレイクから借入を受けることができる金額についてはレイクで審査を受けてみないことにはなんともいえませんが、

 

 

10万円〜20万円前後が現実的な数字です。


それを見越して新卒の社員がレイクに申し込むという場合には、あまり

 

 

高額の融資を希望することはせずに低い金額で申し込んだ方が良い


といえるかもしれません。新卒の社員というものは社会人になって日が浅いということもあり、レイクからの信用も低いということになりますので、それを踏まえた申し込みをしましょう。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<