レイク 在籍確認

レイクの本審査と仮審査

レイクの仮審査と本審査

 

レイクの審査では仮審査と本審査の2段階に分かれています。


両方ともレイクから融資を行ううえで返済能力の有無を確認することを目的としたものとなっていますが、その審査の方法が異なります。

 

 

どう、違うのかなぁ・・・


簡単にいうと、レイクの仮審査とは機械的な審査であり、本審査は人間の目視による確認です。この二段階の審査でそれぞれの審査基準に適合しない限り、レイクでは融資を受けることができなくなっています。

 

レイクの明確な審査基準というものは基本的に一般には公開されていないことから、具体的にどのような基準で返済能力を判断しているかは不明です。ここでは、レイクの審査の方法としてこうした二段階の審査を設けていることを理解しておきましょう。

レイクの仮審査

レイクで行われる仮審査の審査項目は主にレイクへ融資を申込む為の条件を満たしているかどうかの確認です。例えばレイクでは、

  • 20歳以上であること
  • 毎月安定した収入を得ていること

といった申込条件が設定されていますので、この条件を満たしているかどうかを機械的に判断します。申込書類で未成年であることが確認された場合にはその場で審査基準を満たしていないということになりますし、職業が無職の場合も同様です。

 

これは、レイクに申し込んできた人を全員本審査に送るのではなく、ある程度機械的に審査基準を満たしている人を判別することで審査の効率化を図ることを目的としています。

レイクの本審査

仮審査に通過した人については、次に本審査へと進みます。レイクの本審査では、融資担当者が内容を確認しますが、中には仮審査で判別が微妙だったケースもあります。例えば勤続期間がまだ短いものの融資を希望する金額がそれほど多くはない場合などが挙げられます。

 

こうした微妙な判断についてはやはり機械的な審査では難しいということで人間の目による判断が必要となります。また、

  • 勤務先への在籍確認
  • 身分証明書の確認

などもこの本審査で行われます。レイクの審査は、返済能力の有無を判断するということもさることながら、

 

 

詐欺行為を発見し未然に防ぐということも大きな目的なのです。


レイクに融資を申し込んできた人の中には、最初から返済しないことを考えて申し込む悪意ある人もいないとも限りません。本人確認や在籍確認が行われるのもこうした事態を防ぐ事を想定しており、それを行う為にはやはり人間の目による審査が確実な方法といえるのです。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<