レイク 在籍確認

少ない金額でレイクの審査に申し込む

申し込む金額とレイクの審査

レイクに審査を申し込む場合、いくらの金額を希望するか、ということについてはかなり重要なポイントとなります。

 

一般的には、カードローンの審査では申し込む金額が少ないほど審査にも通りやすいと言われていますが、レイクの審査でもそれがそのまま当てはまるのかについて考えてみましょう。

 

確かに融資を行う側からすれば、最初はできるだけ少ない金額の方がそれだけリスクも少なくなりますので、貸付をしやすいということになりますので、レイクの審査でもやはり最初から高額の融資はしないようです。

 

そのため、少ない金額で申し込んだ方が審査に通る可能性としては高くなるといえるかもしれません。

少ない金額で申し込む場合の考え方

必要最低限の金額で融資を申し込むというのは、カードローンの利用における一種の基本ともいえる考え方です。とはいえ、いたずらに低い金額でレイクに申し込んだとしても、レイクにとっては得られる利息が少なくなるためかえって逆効果となる場合もあります。

 

 

レイクでは最低融資額として1万円〜


という設定になっていますが、さすがに1万円ではレイクの審査ではもう少し高い金額の提案を受ける可能性があります。レイクに融資を申し込む人の職業や年収の金額にもよりますが、初めてレイクに申し込む場合であれば10万円をひとつの目安と考えてください。

 

この金額については、レイク以外で融資を受けていない場合であって、もしも既にレイク以外から借入を受けているということであれば、もう少し低めの金額で申し込んだ方がレイクの審査でも確実性が高くなります。

その後の取引を考えて低い金額で申し込む

レイクの審査で低い金額が望ましいというのは、あくまでも初めてレイクに融資を申し込んだ場合です。ある程度レイクとの取引が進むことで、その後レイクに増額の申し込みをする、あるいはレイクから増額を提案してもらうことができるようになります。

 

勿論、その為にはレイクから借入を受けている金額に対して遅れることなく返済を進めていくことが条件となりますが、その点も含めて最初は低い金額の借入を受けて取引を進めることが大切なのです。レイクでは審査段階でよほどのことでもない限り、

 

 

最初から高額の融資ができるようなことはありません。


少ない金額で申し込んでおくことで、審査でも確認する項目が少なくなるとともに、その後の返済も楽に進めることができますので、手軽にレイクからの信用度を高めることができるようになります。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<