レイク 在籍確認

レイクの審査と過去のカードローンの利用経験

過去のカードローンの利用経験の有無

レイクの審査で確認される項目のひとつとなっているのが、過去にカードローンを利用したことがあるかどうか、という点です。

 

一般的には過去にカードローンを利用したことがないほうがレイクの審査でも有利になると思われがちですが、実際には必ずしもそうとは言い切れない部分もあります。就職でも中途採用の場合、経験者を優遇することがあるようにそれと同じく

 

 

レイクの審査でも過去にカードローンを利用したことがある・・・


という人のほうが融資をしやすいという背景があるためです。レイクに限らず、カードローンの利用については金利や毎月の返済など少し特殊な要素を含んでいますので、過去にカードローンを利用した経験のある人のほうが審査でも判断がしやすいと考える事ができます。

レイクの審査で利用経験が評価される場合

過去にカードローンを利用したことがあるからといって、それがすぐに審査でも評価されるというわけではありません。レイクの審査で

 

 

過去のカードローンの利用経験が評価される場合というのは・・・


過去に借入を受けた場合、その分に対して遅れることなく返済が完了している場合です。こうした人の場合は、過去にカードローンを利用したことがあるばかりか、

 

 

完済したことがあるという実績も審査では加味されます


ので、こうした人の場合はレイクとしても評価が高くなります。レイクの審査では返済能力の有無を判断しますので、完済したことがあるという実績のある人についてはレイクでも返済能力が高いと判断してもらえるようになります。

過去のカードローンの利用が評価されない場合

過去にカードローンを利用したことがあるという人であっても、レイクの審査でそれが評価を下げる要因となるケースもあります。この場合の最も代表的なケースといえるのが、

 

 

過去のカードローンの利用時に返済が滞納していた場合です。


この場合は、レイクの審査に限らずどの金融機関やカードローン業者であっても審査で評価が低くなる要因となっており、その理由は過去に滞納した経歴がある人については、今回の融資でも同じく滞納するのではないか、と審査でも不安になるためです。

 

過去のカードローンの利用経験というものは今後のカードローンの利用においてもその利用状況を測るうえで重要な情報となります。その為、過去の利用経験で問題があればそれは審査でも影響しますし、逆に問題がなければその分評価してもらいやすくなるということです。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<