レイク 在籍確認

レイクでお金を借りるための条件とは

レイクで融資を申し込む条件

レイクでは融資を申し込むための条件として、20歳〜70歳という年齢が基本的な条件となっています。そして、もうひとつ忘れてはならない条件となっているのが毎月安定した収入を得ているということです。つまり、レイクに申し込める人というのは

 

 

毎月安定した収入を得ているということが条件


となっています。安定した収入を得るための方法は、正社員や公務員はもちろんのこと、パートやアルバイトで働いているという人であってもレイクに申し込むことは可能です。

レイクに申し込めないのは?

無職の人

レイクでは毎月安定した収入を得ているということが融資を申し込むための条件となっています。そのため、収入がない人の場合はレイクに申し込むことができません。レイクで融資を受けた場合というのはその後の返済は毎月の収入の中から行うことになりますので、

 

 

収入のない専業主婦の申し込みはできないのかしら・・・


安定した収入がなければ返済も安定して行うことができません。レイクとしても、融資を行ったものの返済されなければ損失となるだけですので、収入がない無職の人に対しては融資はできなくなっています。

未成年者

レイクで融資を申し込むことができるのは、毎月安定した収入を得ていることに加えて、20歳から70歳までという条件を満たしている人です。そのため、

 

 

20歳に満たない未成年者の場合はレイクで融資を申し込むことはできません。


日本の法律では16歳以上になれば就業ができますので、未成年者であってもアルバイトなどで安定した収入を得ている人もいますが、安定した収入が得られる状況であったとしても未成年者に対してはレイクは融資を行わないようになっています。

収入が不安定な人

収入の安定性はレイクの審査にとって重要なポイントとなっています。レイクでは安定した収入として主に給与収入を想定していますが、もちろん就業しているからといってレイクに申し込む条件を満たしているというわけではありません。

 

たとえば短期のアルバイトなどのように、現状で就業しているという人であっても、その収入があくまでも期間限定である場合にはやはりレイクの条件である安定した収入を満たしているとはいえません。

 

 

審査では安定した収入を得ている期間が重要になってきます。


同様に、正社員として働いている場合であってもその勤務先での勤続期間がまだ日が浅い人の場合も決して収入が安定しているとは言い難い部分もありますので、レイクの求める条件はクリアできていないといえます。

 

就職しているからといって必ずしもレイクに申し込むことができるというわけではないのです。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<