レイク 在籍確認

レイクは未成年者でも申し込める?

レイクは未成年者は借入不可

レイクを利用するための条件には、毎月安定した収入を得ていること、というものがあります。そのため、パートやアルバイトで収入を得ている人であってもレイクを利用してお金を借りることができるのですが、実はこれにはもうひとつ条件があり、それが

 

 

20歳以上であるということです。


16歳以上であれば学生であってもアルバイトで一定の収入があるという人もいるかもしれませんが、未成年者の場合は安定した収入があったとしてもレイクで融資を受けることはできません。

 

もちろん申し込むことそのものはできるかもしれませんが、レイクが融資を行うための条件として20歳以上であることを定めている以上は、申し込んだ段階で審査を受けることはできないでしょう。

レイクが未成年者に融資を行っていない理由

レイクに限ったことではありませんが、ほとんどのカードローン業者では未成年者への融資を行っていません。これは、未成年者の契約行為というものが保護者によって解除することができるという法律の規定が関係しています。

 

16歳以上であればアルバイトなどで安定した収入を得ている人、或は既にどこかの企業に就職して社会人となっている人も未成年者の中にはいます。しかし、こうした人たちであっても法律的には未成年者である以上は保護者によってある程度守られた存在である事から、

 

 

契約行為についても保護者が解除できる


ようになっています。レイクから借入を受けるというのは一種の契約行為ですので、未成年者が契約をしたとしてもその後解除される可能性があることを考え、最初から申し込みできないようになっていると考えることができます。

レイクから未成年者が借りる方法はないの?

未成年者本人がレイクと契約をするということは条件として不可能となっていますので、何らかの方法があるというわけではありません。たとえば保護者がレイクから借入を受けて、その分を自身の子供にさらに貸す、という方法でもない限りは

 

 

未成年者がレイクを利用してお金を借りることはできない


でしょう。このように、何かと制限の多い未成年者ではありますが、これを制限と考えるか利用者の保護と考えるかによってレイクへの見方も変わってきます。

 

業者と利用者がお互いに気持ちよく利用してこそのカードローンですので、レイクから借入が可能な年齢になったとしてもこうした仕組みを十分理解したうえで利用を申し込むようにすると良いでしょう。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<