レイク 在籍確認

レイクは年金受給者でも借りられるの?

レイクで融資を受けるために必要な条件としては、年齢が20歳以上70歳以下であること、そして毎月安定した収入を得ていることとなっています。こうした条件にあてはまる人の中には既に勤務先を定年退職して年金を受け取っているという人も少なくありません。

 

 

年金収入で借りれるのかしら・・・


年金受給者であってもレイクを利用してお金を借りたいと考える人もいるかもしれませんが、レイクの審査では年金受給者はどのような判断になるのでしょうか。まず、年金受給者については

 

 

収入が年金しかないという場合には・・・


レイクは融資対象とはしていません。つまり、年金はレイクの審査においては安定した収入と判断されないため、融資を申し込んだとしても審査に通る可能性はほとんどないといえるでしょう。

年金受給者がレイクに申し込むためには?

年金を受け取っている人がレイクに申し込むために必要な条件としては、年金以外で安定した収入があるかどうか、ということが重要となってきます。レイクの想定する毎月の安定した収入というのは、

  • 勤務先からの給与収入
  • 家賃などの不動産収入

ですので、こうした収入があればレイクの審査に申し込むことができます。そのため、もしも年金受給者がレイクを利用して借入を受けたい、ということであればまずは何らかの方法で年金以外の収入を得ることを考える必要があります。

 

もちろん仕事をしている状態になったからといってすぐにレイクからお金を借りることができるようになるわけではありません。レイクでは審査が行われますので、その審査に通って初めて融資を受けることができるのです。

年金受給者の審査基準

レイクの審査基準は、年金受給者に対してはやや厳しいのではないかという意見もあります。実際のところは年金受給者であってもなくてもレイクの審査基準が大きく変わるということはありません。

 

当然ながら年金受給者だからという理由だけでレイクの審査に通らないということはありませんし、返済能力が問題ないと判断してもらうことができれば年金受給者であってもレイクから融資を受けられる可能性はあります。

 

 

私の年齢だと・・・


ただし、年金受給者の場合は年齢がひとつのネックとなってきます。レイクでは70歳が申し込むことができる上限の年齢となりますので、その年齢に達してしまうと融資を申し込むことができなくなります。

 

そのため、年金受給者がレイクに申し込む場合はあまり高額の融資を希望金額としない方が良いかもしれません。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<