レイク 在籍確認

レイクの審査に通らなかった場合

審査に通らなかった理由は説明してもらえない

レイクに融資を申し込んだものの、残念ながら融資を受けることができなかった場合、いわゆる審査落ちの状態になる可能性があります。この場合、当然ながらそこにはレイクの審査に通らなかった要因となる理由があるものですが、

 

 

その要因については担当者に質問しても説明してもらうことはできません。


審査を行うレイク側としては返済能力の有無を判断するための審査基準というものがあり、その

 

 

審査基準に適合していない人は審査に通らない


というスタンスです。しかし、審査基準のどこに適合しなかったか、ということを説明することについてはレイクの審査基準を説明することにもつながることから審査に通らなかった理由は教えてもらえないのです。

レイクの審査に通らなかった理由を考える

レイクの審査に通らなかった本当の理由は、レイクの審査担当者しかわかることではありません。もちろん審査に通らなかったという理由を不服に思ったとしても、その場でレイクの審査結果が覆るということもありません。

 

そのため、レイクの審査に通らなかった場合まずやるべきことは、自身の過去の状況を見直してみることです。

  • 過去にクレジットカードやカードローンの支払いが遅れたことはないか
  • 既にレイク以外の業者や金融機関からお金を借りていないか

こうした点はすぐに確認ができます。また、仕事が変わったばかりだったり、人事異動や引っ越しなど身の回りで大きな変化がなかったか、という点も併せて確認しておきましょう。

 

レイクの審査に通らなかった場合の理由を考えることができれば、その後の対策もより具体的なものを考えることができます。

大切なことは時間を空けること

レイクの審査に通らなかった場合、絶対にやるべきではないのはすぐに別の業者に申し込むことです。既に一度レイクの審査に通っていないという結果が出ていますので、すぐに別の業者に申し込んだとしても審査に通る可能性はほとんどありません。

 

 

期間を空ければいいのかなぁ・・・


大切なことは、一度審査に通らないという結果になった後、時間をかけて対策をたてることです。たとえば既存の借入が問題なのであれば少しでも多く返済して借入残高を減らしておくことが有効ですが、そのためにはある程度の期間が必要です。

 

 

身の回りの変化についても時間が経てば・・・


審査での見方も変わってきますので、その段階で再びレイクに申し込むことで審査の評価にも変化が出てくるのではないでしょうか。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<