レイク 在籍確認

レイクの審査と利用目的の関係

レイクの利用目的は自由

レイクでは融資を受ける際の利用目的について原則として自由という条件が設定されています。つまり、お金を借りる側にとってはどんな目的で借入を受けても特に大きな問題はないということです。

 

レイクに限らずお金を借りる場合というのは、必ず何らかの目的というものがあります。中にはちょっと人にはいえないような利用目的というものもあるかもしれませんし、敢えて他人に詳しく言いたくないというケースもあることでしょう。

 

とはいえ、こうした目的を詳細に説明しなければお金を借りることができないといったケースもありますし、利用目的を説明してもお金が借りられないという場合もあるかもしれません。その点、レイクは利用目的は自由という特徴がありますので、

 

 

何に使っても良いローンがあれば・・・


お金を借りる側にとってはとても利用しやすい環境が整備されているといえるでしょう。

利用目的の審査への影響

レイクでは利用目的は原則として自由とされていますので、どんな利用目的であっても基本的に審査の内容を左右するほどの影響はありません。ただし、レイクでは事業性資金として融資を受けた分を使うことはできないという条件も設定されています。

 

レイクでは安定した収入があれば自営業者などの

 

 

個人事業主であっても融資を申し込むことができますが・・・


そんな場合でも事業の運転資金として使うことはできません。また、レイクの審査で重視されるのは返済能力であることはもちろんですが、返済能力が微妙である場合において利用目的が影響することもあります。

レイクの審査でマイナスイメージとなる利用目的

レイクの審査は、融資を行った相手が無事に返済してもらえるかどうかを判断します。そのため、利用目的によっては審査でマイナス評価になるケースも考えられます。たとえば

  • 投資
  • ギャンブル

目的でレイクからお金を借りる場合というのは、レイクの審査でも返済されない可能性が高いと思われてしまうケースもあります。借入を申し込む希望金額も利用目的と関係することもあり、少額の申し込みであればそれほど大きな影響がなくても

 

 

高額になればさらに詳細な確認を求められることがあります。


ただ、レイクでは実際に融資を行った後に利用目的の追跡調査などは行っておらず、利用目的を証明する書類の提出も審査では不要ですので、そこまで詳しい情報を提供する必要はありません。あくまでもレイクの審査で返済能力で問題ないと判断してもらう事が大切です。

 

>>レイクの在籍確認を回避したいのならコチラ<<