レイクALSAに申込める人・申込めない人

レイクALSAの審査で評価が低くなる職業

投稿日:

どんな職業でもいいの?

 

レイクALSAでお金を借りるために必要な条件となるのが・・・


毎月安定した収入を得ていることです。この他にも年齢制限など様々な条件がありますが、毎月の収入がなければレイクALSAへの返済も滞ってしまうことを考えると、やはり毎月の収入はレイクALSAで融資を受けるうえで重要な要素となっています。

安定した収入があればレイクALSAでは必ずしも正社員や公務員でなければならないというわけではなく、パートやアルバイトで働いている人でもレイクALSAに融資を申し込むことができます。ではどんな職業でも問題ないのかといえば、必ずしもそうではありません。

安定した収入=仕事をしているというわけではない

客観的に見て仕事をしているという状態であっても、レイクALSAの審査からすれば安定した収入とは判断されないケースもあります。たとえば

 

短期のアルバイトや日雇い派遣などの場合は・・・


就業しているかいないかという部分だけで判断すれば確かに就業している状態ではありますが、その収入の中身については決して安定した状態とはいえません。レイクALSAが融資を行うにあたり毎月安定した収入を得ていることが条件となっているのは、

 

その後の返済が問題なく行われることが重要


であるためで、収入が不安定な職業の場合はレイクALSAの審査でも評価は低くなります。

少額であればレイクALSAでも融資を受けることができる可能性はあるかもしれませんが、少額であっても借入を受けた分についてはきちんと返済しなければなりませんので、やはり収入の安定性は重要なのです。

この他レイクALSAの審査で評価が低くなる職業

レイクALSAの審査で評価が低くなる職業といえるのは収入が不安定であるケースですが、日雇い派遣や短期のアルバイト以外にも水商売や土木関係の仕事の場合はレイクALSAの審査でも少なからず影響があります。

 

収入が安定しているかどうかというのは・・・


その職業の職種や業種というものが一般的にみて離職率が高いかどうかという点にも左右されます。離職率が高い職種の場合は申し込んできた人についてもすぐに辞めてしまうのではないかとの危惧があることからレイクALSAの審査に通ることが難しくなります。

特に水商売の場合は在籍確認が可能な時間帯も限られていることから、レイクALSAの審査がスムーズに進まないというケースも考えられます。

もちろんレイクALSAは個人の信用をもとに融資を行いますので、職種や業種だけで収入の安定性をすべて判断しているわけではありませんが、審査における判断基準のひとつであることもまた事実なのです。

-レイクALSAに申込める人・申込めない人

Copyright© レイクALSA(アルサ)の在籍確認はあるの?職場に電話があるの? , 2018 All Rights Reserved.