レイク 在籍確認

レイクの場合職場への電話在籍確認は避けられない!

レイクの場合職場への電話在籍確認は避けられません。レイクに限らず無担保でお金を貸すわけですから借りる人が返済能力の源である職場へ電話し、実際に在籍しているかどうかの確認はカードローンでは必須になっています。

 

しかしレイクの担当者の名前で確認の電話を入れるとしても分かる人にはローンの在籍確認とわかりますし、なんともいやな感じになってしまう人はどうしてもいるものです。

 

しかし安心してください!

 

 

プロミスなら在籍確認の電話を別の方法で済ませる相談が出来ます!


 

どのように相談すればいいかと言うと、ネット申込後に、

  • プロミスに電話して会社に電話して欲しくない旨を相談する
  • 申込内容の確認の電話の際に会社に電話して欲しくない旨を相談する

どちらかで相談すれば、オペレーターが別の方法を案内してくれます。


在籍確認の電話を別の方法で済ませる相談できるプロミス

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

会社への在籍確認の電話を別の方法での確認を相談できるプロミス

レイクでは会社への在籍確認の電話を回避できませんが、プロミスでは別の方法での確認の相談が可能です。レイクでは即日融資も2018年から審査完了が申し込み翌日以降になる可能性が高い為、即日融資の得意なプロミスが断然有利になってきます。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座へであれば登録すれば24時間364日最短10秒で振込融資も可能な瞬フリサービスも心強いですね。
初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可)もレイクでは契約日の翌日から始まりますが、プロミスの場合は初回の借入の翌日からカウントが始まりますので、無利息期間30日を漏れなく利用できます。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

レイクの在籍確認が行われる理由

レイクの在籍確認をはじめ、どの融資会社でも即日融資でなくても在籍確認は行われます。

 

ですが、大半の方が融資を申込む場合、職場に電話がかかってくるのは困るという方が多く、融資は申込んでも在籍確認をしてほしくないという方が多い。

 

でも、融資を申込むにあたり、融資会社は返済能力の有無を確認しなくては、融資をして「返済出来る相手なのか?」という部分を確認できませんので、融資には必ず職場への在籍確認を行います。

 

 

「仕事をしている=返済能力の有無」
につながりますので、在籍確認は必ず行うものと認識しておくべきです。


けれども、在籍確認をされると会社に融資する事実がバレる等と不安に思われる方も非常に多く、在籍確認は困るという方が多いのですが、融資会社における在籍確認は、ほんの数秒程度で終了し、単に本人がそこで働いているかの確認ですから何も不安に思う事はありません。

 

勿論、レイクの融資の申込みを行い、それに伴う在籍確認をする場合でも何も心配する事は無く、簡単な質問で終了しますので、心配は要りませんし、そもそも申込み者がその当日会社に居なくても在籍確認は行えますので、心配に思われる事は何もありません。

 

大体、在籍確認をする場合は、レイク側も

 

 

こちらはレイクですが、○○さんはおられますか?


等と聞く事も確実にありませんので、心配は要りません。万が一、職場に申込み者本人がおり、本人が電話に出る場合でも職場での電話内容は

 

 

確認が取れましたので終了します


から、誰かに聞かれる等の心配も必要ありませんし、そんなに長々内容を確認するものではありませんので、安心してください。

 

大抵、融資を申込んでもこうした「在籍確認等が人にバレるのではないか?」と非常に不安に思われる方も多いのですが、在籍確認では、融資業者も申込者の迷惑になってはいけませんので

 

 

会社名は出さずに個人名等で連絡をします


し、内容自体そこでは「申込みに伴う詳しい確認内容を行わなくてはいけないものではありません」ので、何も心配する必要が無い事は勿論、誰かにバレる事もまずありませんので、レイクの申込みに伴う在籍確認は不安に思う事は一切ありません。

こんな場合レイクの在籍確認の電話はどうなるの?

レイクの在籍確認の電話はいつ掛かってくるの?

レイクの審査の流れはこうなっています。

 

 

申込⇒本人確認書類の提出⇒与信審査⇒審査結果の電話⇒在籍確認の電話⇒契約⇒融資


審査結果の電話の際に、『在籍確認の電話を会社に掛けますが大丈夫ですか?』と聞かれます。ここが在籍確認の電話が掛かってくるタイミングになります。

レイクの自動契約機でカード発行する場合は在籍確認のタイミングは変わってくる

先ほどの審査から融資の流れは、カードを郵送で送ってもらう場合の流れになりますので、自動契約機で即日カード発行する場合はその流れとは若干変わってきます。

 

 

申込⇒本人確認書類の提出⇒与信審査⇒審査結果の電話⇒自動契約機でカード発行すると伝える⇒自動契約機に行く⇒在籍確認の電話⇒契約⇒融資


となります。注意したいのは、

 

 

在籍確認の電話が自動契約機での手続きの最中になるということです。


自動契約機に行かない事には在籍確認の電話が掛けられませんので、会社に誰か居てるという誰かが電話を取ってくれる状況の間に自動契約機に行かなければ在籍確認が完了せず、融資が翌営業日に持ち越しになってしまう事です。

 

あまりないことだとは思いますが、仕事が終われば早めに自動契約機に行く事をおすすめします。よくないことですが仕事中に抜けていく事も可能ならそれでに越した事はありません。

会社に居ない場合はレイクの在籍確認は完了できる?

在籍確認の意義はもちろん、

 

 

現在も会社に在籍していて給料を継続してもらっている事を確認することです。


ですので必ずしも会社に居る必要はありませんし、先ほどの自動契約機でカードを受け取る際には、もちろん会社に居ないわけですからそれで確認できないようなら矛盾してしまいますよね。営業で出てる人も沢山いるわけですから。

 

申込者が会社にいない場合の在籍確認のやり取りはこのような感じになります。

 

 

○○(担当者の名前)と申しますが、××さんご在籍でしょうか?


 

申し訳ございません。××はただ今席を外しております。


 

分かりました。また後ほど掛けなおさせて頂きます。


これで在籍確認は完了します。会社に居る場合は申込者に電話が繋がって、担当者から確認できましたのでこれにて終了しますと案内があります。

レイクの在籍確認の電話は派遣社員の場合どちらに掛かってくるの?

派遣社員の場合は、

 

 

  • 派遣元の会社
  • 派遣先の会社

どちらにも属しているといえるので、どちらに電話が掛かってくるのか不安になりますよね。しかし基本は常勤している方の、派遣先の会社に電話が掛かってくることになります。

 

しかし大抵どちらでも都合のいい方に電話してもらえるよう相談ができるので、>派遣先の会社に電話して欲しくない場合は、審査後の電話の際に相談してもいいでしょう。

アルバイトの場合もレイクの在籍確認の電話は職場に掛かってくるの?

アルバイトだからといって職場への在籍確認の電話はなしにはできません。しかしアルバイトやパートの場合は、

 

 

アルバイトのくせに私用の電話を会社に掛けさせやがって・・・


というような社員に気を使う場合もあるでしょう。そんな時はやはりプロミスに電話以外の確認を相談するのがベストです。

 

>>プロミスで電話以外の確認を相談する

在籍会社が休みの場合はレイク在籍確認の電話はどうなるの?

在籍している会社が休みの場合は在籍確認の電話をしても、もちろん誰もいませんので確認を取ることができません。こういった場合レイクでは、

 

 

在籍している会社の翌営業日まで審査・契約の完了が持ち越しとなり融資もそれまで受けることができません。


即日融資を受けられないということになれば不便極まりないですが、こういった場合もプロミスなら在籍確認の電話を別の方法で確認する相談ができるので最短即日融資が可能です。

 

>>在籍している会社が休みの日の最短即日融資をプロミスに相談する

レイク在籍確認に否決される事ってあるの?

在籍確認は与信の審査が通過の場合のみ行われる審査の最後の関門ですから、在籍の確認さえできれば審査に否決する事はありません。もちろん申告した会社に在籍していない、在籍の確認がとれない場合は否決する事もあります。

 

しかし在籍確認が問題なく確認できたのに否決するということはまずありません。

専業主婦の場合レイクでの在籍確認の電話はどうなる?

 

レイクのカードローンは基本的には専業主婦は申し込み不可能になっています。


これはレイクは現在は新生銀行が提供しているカードローンとなっているため、現在銀行のカードローンの申込規準は金融庁からの指摘により大変厳しいものになっています。

 

2018年からは独自の審査の他に、警視庁の反社会データベースに照会しなければならなくなる方向ですので、審査も最短でも翌日以降でもちろん融資もそれ以降ということになってしまいます。

 

 

 

なのでこれから専業主婦だと銀行カードローンですら申し込みが厳しい状況になってきます。


これは、カードローンの申し込みの条件の1つに『定収入があること』が明記されており、総量規制の対象外の銀行カードローンでしか収入のない専業主婦は申し込みが出来なかったからです。

 

以前はレイクでも基本的には専業主婦も申し込みが可能でしたが、それは配偶者の方に安定した収入があり配偶者が審査を受けて審査の最後には配偶者の会社に在籍確認の電話が掛かるという状況になってしまっていました。確認の電話は自宅にもありこれは「奥様(お母様)はいらっしゃいますか?」といったようにレイクの名前は出さないようにして行われるので、家族に借り入れを受けているということがバレる心配は少なかったのです。

 

ですから専業主婦が借入の希望をする時に『旦那に内緒で』ということが前提になっている方が多いのでそういった方にはレイクは向いていませんでした。

 

しかしまったく専業主婦が申込めなくなった現在では、配偶者に在籍確認の電話が掛かる以前にレイクに申し込みすらできないと言うのが現状です。

その他のカードローンの在籍確認

アコムの在籍確認の電話は回避できる?

アコムの在籍確認の電話は必須事項になっており、回避する事はできません。ただし、在籍している会社が休みの場合のみ書類にて確認してもらう相談ができます。必要な書類は、

 

 

  • 直近の給料明細
  • 健康保険証

などの在籍会社のものと分かる書類で確認してくれます。

新生銀行住宅ローンの在籍確認はある?

カードローンにはまったく関係ありませんが、同じローンというカテゴリーの住宅ローンはどうでしょうか?もちろんあります。こんな高額の貸付において、在籍確認の電話がなかったなんてことはまずありません。

在籍確認を含むレイクの審査はこれからどうなる?

レイクのカードローンは、無利息期間も設けられた、非常に利用しやすくお得に利用出来る銀行カードローンでした。しかも、融資限度額も1万円〜500万円と非常に大きく、金利も「4.5%〜18.0%」と大変低く負担無く利用出来るカードローンとなりますから、色々なチャンスや用途に行かせるローン内容です。

 

 

しかし銀行カードローンとしては金利は高く、消費者金融が銀行カードローンになって規制を逃れた感じは否めません。


しかし現在では金融規制によりそのメリットは空しくなくなってしまい、現在では消費者金融の方が条件的には有利になっています。

 

なかでもカードローンを申込む上でユーザーが望む肝心なのが借りられるのか?という部分であり『今日すぐ借りれるのか?=即日審査』という部分で、銀行カードローンがまさかの即日審査が不可能になるとは、レイクにすると思っても見なかったでしょう。

 

 

一般に借りられたという金融会社はいい会社で、借りられないという金融会社は悪い会社、尚且つ審査が厳しいという事になりやすく、金融会社の口コミや評価もほどほど程度に参考にすべきですが、レイクに関する審査のは以前と比較する場合少々厳しい部分がでてくる考えられます。

 

大体レイクは「消費者金融から銀行のカードローン」となったため、それゆえに審査は今までより、銀行のカードローンとして厳しくする必要がある上に、銀行としてのこれからの金融庁からの指摘により自主的に規制していかなければならないのです。

 

 

なのでレイクの利便性の高さは以前よりも低くなったと言わざるを得ず、使い勝手はよろしくなり何よりレイクのような銀行カードローンはすべて即日融資が不可能になってしまうと言う大きな痛手を被ります。

 

いずれにしても銀行のカードローンで即日審査が不可能な上、消費者金融よりも金利の低い銀行のカードローンとして審査も厳しくしなければならず、当然の部分の属性をきちんとチェックし、安定かつ継続的な収入がある方のみ申込める事になりそうです。

 

 

前までのレイクは、金利が若干他金融業者よりも高く、尚且つ銀行のローンになって規制を逃れたという事で、あまりいいイメージをもたれませんでした。ですが、いよいよレイクも金利の高い銀行カードローンになっただけとメリットがなくなったので、これからが勝負になります。

 

しかしながら審査の部分を考える場合、以前よりは若干銀行のカードローンという事もあり厳しくなったイメージは確かにありますが、実際は、安定且つ継続した収入があり、返済能力に問題が無い方であればレイクの融資商品に伴う審査は可決するはずです。

 

レイクは銀行のカードローンということもあり職場へのレイクの在籍確認は必須になっています。その場合は電話するオペレーターの個人名で掛かってくるのでレイクからの電話と知られることはありません。

 

新生銀行カードローンレイクの特徴

新生銀行カードローンレイクは消費者金融等の貸金業者とは違い、銀行法で規制されていますので、貸金業法の総量規制に制限されることはありません。

 

 

要するに総量規制対象外ということです。


ですが、収入のない専業主婦が申し込めるのかというとそうではありません。新生銀行カードローンレイクでは主婦・主夫でも申込めますが、パートなどで安定収入がないと申込ができないことはレイクのホームページのアレコレ相談室でも書かれています。

新生銀行カードローンレイクの最大の特徴は無利息サービスの無利息ローン

レイクには銀行カードローンには珍しい無利息サービスである無利息ローンがあります。無利息サービスのなかでも2種類の無利息サービスを用意しているということも特徴的です。

 

 

  • 借入額のうち5万円まで180日間利息¥0
  • 借入額全額30日間利息¥0

このどちらの無利息ローンを利用するかはシミュレーションしてみないとどちらがとくかは分かりません。その前に利用条件を知っておきましょう。

 

 

  • 初めてのレイク利用でなければならない
  • それぞれの無利息期間は契約日から数える
  • 180日の方は借入額200万円までで期間内は何度でも無利息
  • 30日と180日の併用はできない

契約日に5万円を借りて一回目の返済日に全額返済した場合

一回目の返済日は30日以内に来ますのでこの場合どちらも利息は付きません。ですのでどちらを選んでもいいでしょう。

契約日に10万円を借りて元金を5万円ずつ二回で全額返済した場合
- 借入額のうち5万円まで180日間利息¥0 借入額全額30日間利息¥0
1ヶ月目の利息 およそ739円 0円
2ヶ月目の利息 0円 およそ739円
利息合計 およそ739円 およそ739円

これも同じ結果が出ました。この場合もどちらを選んでも遜色ないですが、早期で返済できる可能性がある時には30日で、長引きそうな時には180日を選んでおくのが得策です。

契約日に10万円を借りて元金を4万円、3万円、3万円と三回で全額返済した場合
- 借入額のうち5万円まで180日間利息¥0 借入額全額30日間利息¥0
1ヶ月目の利息 およそ739円 0円
2ヶ月目の利息 およそ147円 およそ887円
3ヶ月目の利息 0円 およそ443円
利息合計 およそ886円 およそ1,330円

これは少し差が出ました。180日の方がおよそ444円利息が安い計算です。

契約日に10万円を借りて元金を2万円ずつ二回で全額返済した場合
- 借入額のうち5万円まで180日間利息¥0 借入額全額30日間利息¥0
1ヶ月目の利息 およそ739円 0円
2ヶ月目の利息 およそ443円 およそ1,183円
3ヶ月目の利息 およそ147円 およそ887円
4ヶ月目の利息 0円 およそ591円
5ヶ月目の利息 0円 およそ295円
利息合計 およそ1,329円 およそ2,956円

これは大きな差が出ました。利息にしておよそ1,627円の違いです。

 

 

レイクの無利息ローンでは返済期間が長ければ180日5万円まで無利息ローンを使ったほうが利息は安くなる


名称 金利 借入可能額 保証会社
新生銀行カードローンレイク 年4.5%〜18.0% 1〜500万 新生フィナンシャル株式会社

新生銀行が買収したGEコンシューマー・ファイナンス株式会社(レイク)のカードローン商品を、総量規制の制限を受けない新生銀行のカードローンとして商品化したのが新生銀行カードローンレイクです。

 

ですので金利・サービス等々は消費者金融並みの銀行カードローンということになります。